歌川広重の世界@福井市美術館

 

悪女さん、なりきりシリーズ。お江戸でござる。

 

東海道五十三次、すべてを見られるとあって行ってきました。ひさしぶりに浮世絵に触れ、版画から見て取れる日本の色っていいなあとしみじみ。たぶん広重ってあんまり人物が得意じゃなかったようで、よく見ると人の顔や姿態がへんなの、それがちょっと笑えるものも。どうみても、ドラえもんがいたりしたし。

母もちょっくら上京してござる。おかまいなさんな。

 

https://fukui.keizai.biz/headline/615/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください