イーピンを探しに@福井多世代ふれあい演劇ワークショップ 

タイトルだけ見るとなんだなんだとピンときませんが、年齢も年代も性別も体型も背負っているものも全部超えて、みんなで演劇しませんか、というワークショップです。

表現豊かな悪女さんに、もうちょっと面白い子になってほしいなあとおもって、とにかく誤魔化しながらまたもや放り込みました。何をするのか伝えぬまま、「このまえの劇みたいなやつ」と…。「いやいや!」言いながら、やってみたら「面白かった」とツンデレで帰った悪女さんです。

くわしくここで話してしまうと、ワークショップのネタバレになるのでさわりだけ
・ケアフレンズに通うおじいちゃん、おばあちゃんと交流
・全員が役者になる
・麻雀をしていたらイーピンがなくなる、という設定
・イーピンを探しに行くという話を、2チームに分かれて演じる

2日間の参加でしたが、やってみて気づいたこと
・年齢の近い女の子たちと一緒だったので、本人も少し安心した様子
・小学生はとにかくペンとノートを持ってなんでも書きたがる
・セリフをノートに書いていた女の子が、すばらしく女優
・80代おじいちゃんたち、アドリブがすごすぎて笑いをもっていく
・80代のおばあちゃんたち、練習では一言も言ってなかった時事ネタを本番でバンバン入れてくる
・悪女、水戸黄門を知らない。うっかり八兵衛も知らない。紋所もしらないけれど、それなりに演じる
・めっちゃ聴いたことあるこの声、このしぐさ、と思って思い出した介護セミナーで出会った「劇団たからぶね」のみなさん。介護士の前にプロの劇団員でしょう、というくらい明るくてオモシロイ人たち。児童向けのワークショップやってほしい

ファシリテーターの方の持っていきかたもよかったのでしょう。大筋のゆるい台本で、自分が言いたいセリフを考えて言えるような雰囲気。自由さもありました。演技力の高い役者さんたちがマジに演じて、場を締めて面白くするところもあって、こういう場でのプロの力と必要性も感じました。

女の子たちが、すごく楽しそうに演じていたのが印象的でした。こういう機会、もっとあるといいのにな。

福井多世代ふれあい演劇ワークショップ
2017年11月25日(土)・12月2日(土)・9日(土)・10日(日)
ケア・フレンズ まちよかCafe・サロン (福井市松本2-25-16)
http://geibun.info/geibun/?p=3037

2 Replies to “イーピンを探しに@福井多世代ふれあい演劇ワークショップ ”

  1. ワークショップでご一緒させて頂いた「茶屋おかみ」のチョコです☆悪女ちゃん結構ノリノリでしたよね!うちの娘もまたみんなとやりたい〜と何回もビデオ観てます。
    チェコアニメ映画祭!行きましたよー!
    とても素敵な企画でした♡
    またどこかでご一緒できそうですね。その際はよろしくお願いしまーす(^^)

  2. こんにちは。チョコおかみさんと、天才子役の女の子さん、こめんとありがとうございます。おふたりの真剣な姿に悪女も刺激を受けて、一緒の舞台に立てたことを本当に喜んでいました。演技の力を引き出して下さりこちらが御礼を申し上げなければ…! チェコアニメも来てくださったんですね、重ねて御礼申し上げます。また一緒にやりたいですね、楽しみです★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください