食の文化祭@池田町

おいしいものを食べに行こう、と誘って、やってきました、池田町。
お天気が良かったので本当に気持ちよかった。

dsc_6593
美味しいものを食べに行く、ではなく「採りに行く」でした。嘘つき母さん。白菜、大根、カブ、里芋、なんでも取り放題ですよ!
dsc_6596
白菜を収穫した戦士。どやっとポーズです。かっこいいよ(笑)! このまま農業人になってほしい母。自給自足、晴耕雨読であってほしい。
dsc_6598
収穫した野菜をのせて、キロ200円だったかな、換算して引き取り。ニンジン、白菜、赤かぶ、白かぶをゲット。

 

dsc_6606
米俵かつぎ大会に戦士が出場するも、30キロをかつげずあえなく敗退。そこから次は、旧堀内家(国の文化財だった!)へ。
dsc_6609
三国町のガラス作家さんと、池田町の和紙作家さんの作品。
dsc_6612
国の文化財の中で囲炉裏体験。里芋とかきもちを焼いてもらいました。いいなあ、まったり時間。
dsc_6615
福井の陰の文化人・Y子ちゃんがこの展覧会の仕掛け人です。
dsc_6616
最後に。プロミスのイラストがいい感じだったのと、なべおさみが昭和すぎて。電話かけたらつながるのかな。。。看板ハンターでした。

ふだん、土を触らない街中に住んでいるがゆえ、山や川や土が無性に恋しくなります。別に田舎で育ったわけではないけれど、一度、山川土の田舎に触れてしまうと、本能的に惹かれるのでしょうか。たまにだからいいのかしら。。。住む覚悟がないからなんとでも頼んでしまうのかしら。私たちにとってあこがれの非日常を堪能して帰ってきました。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください