ぶりぶりなブリをいただいた結婚祝賀会。

私が頭の上がらないデザイナーさんのひとり、naohさんがご結婚されました。なのでお祝いしましょう♪ってことで、お祝い会を開きました。

頭が上がらない、なぜか、それは9年前のギャラリーでやっちゃった私たちの結婚式G2バージョンにて、とてもとてもご尽力いただいたわけでございます。

当時のメンツ?も集まりまして、お料理の題目は「ウイスキーに合う料理」。我らがシェフ、早川君@森のオーブンが腕をふるってくれました。

自家製パン四種
牡蛎のエスカベッシュ
ムール貝のウイスキー蒸し
アイリッシュシチュー
パンダ豆のポタージュ
小海老のウイスキー蒸し
合鴨のソテーベリーソース
大麦、そら豆、緑レンズ豆、トマトのサラダ
サーモンのマリネ ウイスキードレッシング
帆立て貝とズッキーニのブルーチーズソース
合鴨のタマゴのゆで卵ランプフィッシュキャビアのせ
豚頬肉の黒ビール煮
白隠元豆、赤えんどう豆、ひよこ豆、ジャガ芋のサラダ
白身魚のパテ

 

作ってくれた人
めしはまだかいなと待つ人

 

その日その場で司会を言い渡された人
瀬尾先生のお言葉でかんぺーい♪

はい、カウベル一家はもちのろんのこと、シマシマヨコシマな格好で挑みました。いろいろ私らの結婚式のこと聞かれるので、一応書いておきますと

1)福井市役所の入り口から赤じゅうたんをひいて、ビデオを回して婚姻届を出した。津田さんや大榎さん、って局地的に有名なアーティストさんが「面白そうだから」といってついて来られました。←あ、あんまり詳しい知り合いでないです。で、市役所人に怒られる。

2)京福鉄道時代、閉鎖中の福井・三国線を、サッカーボールを蹴ってつなげる、というパフォーマンス行うアーティストさんたちに乗っかって、参加する。終着駅の三国湊駅で、みんなが集まって達成感を分かち合いつつ、大勢の前で婚姻届を書いた気がする。

3)ギャラリーG2の皆さんに祝ってもらう。ドレスコードは「しましまボーダーであること」。ボーダー着てこなかった人には特製シャツを売りつけてその場で着てもらう(デザインがnaohさんだったのです)。料理はカエル料理でした。ちなみに、上の瀬尾先生はその場で初めて会った方で「面白そうだから来た」という出会いです。初めての人にたくさんお祝いしてもらえました。

はっ、気がつけば自分の話。いかんいかん。そうこう想い出に浸っているあいだに

 

 

仮面をかぶった鬼が登場。スペシャルゲストのお子様です。
「飲み会サイコー!」といって飲みまくる戦士6歳。ちなみに彼は隣の公園で遊具から落ちて手を打撲、トイレではパンツを濡らしてしまう失態でさんざんな目に自分でやらかした男です。

 

「かわいいなあ、食べちまうぞ」といわれて食べられる恐怖におびえる人。

この日、naohさんの旦那さんからいただいたのが「お魚」でございました。「趣味は何ですか?」と聞いたところ、「漁です」。漁、漁ですよ、あなた、「釣り」じゃないんですよ。そのあたりが海の男やわー。素敵~。

 

ぴちぴちしてます。

じゃんけん?にかった私達がブリ一匹をいただきました。うーん、これをどうしようか、そうだ!

 

血だらけ~。

義理の弟(元居酒屋店長で現家庭科の先生)をたたき起こして、さばいていただこう!強引な兄嫁。専用の包丁じゃないととっても切れないです。でっかくてぷりぷり。義理の弟も新鮮さに感心しておりました。

 

ぼく、ひとりでも生きていけるよ!

スズキもいただいたので、ムニエル用におろしていただきました。自宅に戻り、ハラヘリハラホレな戦士が、夕食の準備を待てず、「自分で作る」と言い出しまして、作った次第です。自分で作ったムニエルは美味しかったのか、完食。あの、ママンに一口欲しかったのですが…。

想い出の祝賀会となりました。