携帯を無くした日ドキュメント。

髪を切ったら、携帯を堕とした、それだけの話です。

その日の午後は、福井日仏協会の文化講座&新年会でした。

フランス総領事ジャンビエ夫妻が来福され、レストラン「シェ・ピノリ」で、総領事自慢のバグパイプ演奏を披露する、という、聞くだけでハイソな感じですが、いたってフランクな会に出席しました。ブホブホ素敵な音色を奏でる総領事を、私はスマホで動画におさめました。そしてグビグビ飲んじゃいました。

夕方は6時から、どっと混むふくい の新年会がありました。ハイテンションな私を暖かく迎えてくれました。ありがとうございます。そしてまた呑みました。

二次会も楽しくおしゃべりいたしました。ここでは日本酒呑んじゃいました。白龍さん、美味しかったです。

タクシーに乗ったとき、携帯がないことに気付きましたが、「まあ、いつものことでお店に置いてきちゃったんだろう」と思ってそのまま帰りました。タクシーでごそごそカバンをあさってて、そこで財布とかバラバラバラーって落としちゃいました。降りるとき、そんな私を察知したタクシーの運転手さんは「お客さん、忘れ物してない?してない?ほら、してるよ、手袋落ちてるよ!」と気付いてくれました。

次の日目が覚めて、改めて無いことに気付きました。

旦那さんがFBに投稿したり、同席した人に連絡とってくれたりしました。(お店に連絡してくださった幹事の方々ありがとうございました)。記憶にある限りのお店に電話しました。無いです~といわれました。

んー、これはかなりまずいことになった、と思いました。

いつもはどこかに置き忘れて「あったよー」という連絡があるのですが。布団の下に潜っていたりするのですが。今回はかなりまずい予感。

アイパッドでGoogleにログインしようとしたら「二段階認証」に設定していたものだから、認証の電話が無くなった携帯のほうにかかっていて、私はログインできませんでした。あぶねえ。

泣く泣くドコモショップへ行って、使用禁止の措置をとってもらいました。

「電源が入っていて、GPS機能がオンになっていれば、お探しできます」と心強くいわれたのですが、GPS機能を付けると電池の減りが早いのと、「居場所なぞ知られたくねえ」と思ってオフにしてました。電話のとるるるは通じたのに…。

どーしよーとウロウロして事務所に出入りしていたら、悪女が事務所の二階の階段から、すべって転んでごろごろごろと階下に落ちていきました。すろーもーしょん。なんともなくてよかったけど。

これは動くなということか、と思って自宅に引きこもりに。

夕方、酔いまくって歩いた道を、しらふで歩いてみましたが、どこにもありませんでした。雪降ってつもっているし。春になったら出てくるかなあ。

月曜日になり、夕方お店を訪ねましたが、やはりなく。もしかして傘の中(←ときどきやる)に入ってるかも!といちるの望みをかけましたが、入ってなく。自宅に戻り、傘にも入ってなかったわ と旦那にぼやいたら「傘まで忘れたんかー!」と怒られました。やぶへび。

どうやってもどうしても出てこないので、保証サービスを使って代替機を手配しました。保険に入っていて良かった…。旦那さんのドコモポイントを使えて良かった。

ところかわって、自宅に戻って、明日の支度をしようとしていたら、戦士が半泣きになっていました。

「階段を上がって一緒に支度をする」と伝えたのに、私がぼーっとしていて聞こえなくて無視したらしいのです。

目を真っ赤にして、戦士はいいはなちました。

「人の話を聞かんから、携帯なくすんや!!!!!」

痛いひとことでした。

 

 

 

 

 

 

One Reply to “携帯を無くした日ドキュメント。”

コメントを残す