愛知トリエンナーレ2013@納屋橋会場

DSCN2884
納屋橋会場にて。もとボーリング場だったところです。
DSCN2883
とおもったら、外にレーンが出てますよ-! 定期的な時間になるとレーンが建物からはみ出てきます。
DSCN2903
会場内からみたボーリング作品。
DSCN2888
鉄の作家/青木野枝
DSCN2897
これぞトリエンナーレテーマ「揺れる大地」を体感できる作品!人が入ると当然ながら量りが揺れます。てつ氏を中に乗り込ませ、ポーズをとらせたら、周囲の若い子たちも撮影してました。w 「ダブルフィクション」/竹田尚史
DSCN2899
両足がない身体的欠損を、あこがれを抱かずにはいられない嘆美な存在に昇華した作家。もうちょっとおどろおどろしさと猟奇さが欲しかったかな/片山真理
DSCN2892
大空間を、泡で埋めてしまった作品。ぷくぷくぷく、と泡が生まれる息づかいが聞こえます。最近、いろんな人を介して彼の名前を聞くことが増えた。/名和晃平
DSCN2893
どこを撮影しても絵になるねえ。

DSCN2891

DSCN2909
【はみだしアート】納屋橋会場の外観。トマソン的でもあり、ストイックであり、萌える外観でした。
DSCN2851
【はみだしアート】名古屋へ行き、この公園を見る度に、誰の作品だろうと思ってしまうくらいオブジェ感がある、白川公園の子供遊具。
DSCN2850
【はみだしアート】スナックの名前が羅列された看板。もう完璧すぎて突っ込みようがない店名ばかりです。並ぶと壮観!

愛知トリエンナーレ2013@名古屋市美術館

DSCN2853
続きまして、名古屋市美術館へ。お出迎えは、漫画チックなプリウスさん。去年は草間彌生に変装してましたよね。
DSCN2856
この部屋の両側に、ある仕掛けのある黒板があり、ボワっと、ざわっときます。/アルフレッド・ジャー《生ましめんかな(栗原貞子と石巻市の子供たちに捧ぐ)》 2013
DSCN2857
よくみると、チョークなんですよ~
DSCN2861
杉戸洋の作品を、実際に作ってみましたシリーズ的展示。杉戸洋の作品の雰囲気を知っていると「!」です。立つ位置によって、色が違う。青と赤が重なるところに立つと紫になるように。途中にある変な台座は邪魔。木の階段も邪魔でしたけど。
DSCN2871
空飛ぶ泥舟、そう、泥でできているらしいです。見たときからきゅんきゅんする作品ですよね。しかも中に入ることが出来る!1時間待ちでしたが…。私は下から船を空に放り投げる、役を演じてます。/藤森照信
DSCN2872
震災で被災した船を愛知まで持ってくるプロジェクト。を、アイパッドで映像見る、という作品。悪くないけど、うううんん、って感じでした。/ブラスト・セオリー
DSCN2876
【はみだしアート】町中で見つけた服屋?ゼブラ柄の構えがアートチック。
DSCN2878
【はみだしアート】まちなかシリーズ。モナリザと壺と浮世絵と蒔絵って…、それが同居しているカオスな看板に惚れました。
DSCN2879
【はみだしアート】銀座三越ではありません。なぜかライオンが会社の前におりました。しかも親子(それともメス?)。子ライオンが眠そうな人間みたいにみえる。
DSCN2880
【はみだしアート】私の大好きなキューピーちゃんが、バレエダンサーに。どうしてキューピーちゃんには服を着せちゃうんでしょうね。しなりと背後の美女人形も気になります。

愛知トリエンナーレ2013@愛知県芸術文化センター

  ヤノベケンジさんは、カウベルにとってキーマンのひとりです。10数年前、ヤノベさんが水戸芸術館で企画したガチャポンプロジェクトに、カウベルが応募、投稿(次点繰り上げだったけどね)。水戸芸術館まで来てくださいと […]

愛知トリエンナーレ2013 松本町・松慶寺にて

岡崎と言えば八丁味噌!(NHK朝ドラ 純情きらり の影響で知った)。白醤油も欲しかった…。 地元ならではのお土産を買えるところが少なかったかな。岡崎の町のことや名物は、ベロタクシーのイケメン兄ちゃんたちが教えてくれました […]

愛知トリエンナーレ2013 東岡崎駅の駅ビル編

豊田市でベーコンを食べた後、企業城下町を抜けて、岡崎市へ。愛知トリエンナーレにやってきました。 くっそ暑い中、しかも本日がオープニングという日。芸術祭でオープニングを経験するのは初めてです。 2回目となる愛知トリエンナー […]